ご挨拶

理念

「若手の教育」 「全人的な医療」 「最先端の研究」

ご挨拶

福井 道明 教授

我々の診療科では、「若手の教育」、「全人的な医療」、「最先端の研究」を大きな柱としています。
教育体制は、指導医→大学院生→専攻医→研修医→医学生といったように教えられた人が次に教える側に回るいわゆる屋根瓦方式を行っています。身近な関係の先輩医師が指導することで、より学びやすい環境を作り、また指導する側も常に学ぶ姿勢を持ち続け、個々の学びを全員で共有しています。

医療においては、糖尿病を中心に、肥満症・脂質異常症・高尿酸血症を含めた代謝疾患、甲状腺・副腎・下垂体・副甲状腺などに由来する内分泌疾患の診療を行っています。糖尿病・内分泌の分野は治療法の進歩が目覚ましく、専門的な知識や経験が必要となっています。一方、糖尿病・内分泌は全身疾患なので全身を診ることが重要です。我々は全身を診ることができる医師を育成し、病気だけでなく人を診る「全人的な医療」を行うことを心がけています。

また、臨床をしていて疑問に思うことに対し自ら解明することが大切と考えています。そういった疑問を解決すべく我々は基礎医学研究・臨床研究に邁進しています。研究成果は学会発表・論文を通して世間に広く発信し、医療の発展に貢献していくことが使命と考えています。

我々の診療科には近年多くの入局者があり、将来のある若者が増え教室は活気づいています。「一人の力は偉大である 連帯の力は無限である」:教授になって仲間の一人一人が大切なことを痛感していますが、個々の力を最大限に引き出し、連帯として強大な力にしたいと思っています。関連病院の拡大、研究の活性化のために今後も多くの優秀な人材が望まれます。みなさんと共に日本有数の内分泌・糖尿病・代謝内科学教室に発展・進化させ、京都から世界へ医学・医療を発信していきましょう。

プロフィール

福井 道明 (フクイ ミチアキ)
email: michiaki@koto.kpu-m.ac.jp

卒業年 平成2年卒
卒業大学 京都府立医科大学医学部
研究歴 平成10年 京都府立医科大学大学院医学研究科 医学博士
平成16年 京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌機能制御学 助手
平成19年  同  内分泌・代謝内科学 学内講師
平成21年  同  内分泌・代謝内科学 講師
平成22年  (米国マサチューセッツ大学医学部 客員教授 (兼任))
平成26年  同  内分泌・代謝内科学 准教授
平成27年  同  内分泌・代謝内科学 教授
専門 内科学、糖尿病学、内分泌代謝内科学、抗加齢医学、栄養学
専門医・指導医 総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会指導医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会指導医
日本内分泌学会専門医
日本病態栄養学会専門医
学会役員 日本糖尿病学会評議員
日本内分泌学会評議員
日本抗加齢医学会評議員
日本 Men’s Health 医学会評議員
日本病態栄養学会評議員
日本内科学会評議員
本教室について
本教室について

本教室について

内分泌・糖尿病・代謝内科学教室で働く教授や講師、医局員たちをご紹介します。

  • ご挨拶
  • スタッフ紹介
入局希望の方へ
入局希望の方へ

入局希望の方へ

専攻医のプログラムや生活の様子、キャリアプランなどをご紹介します。

  • 専攻医プログラム
  • 専攻医インタビュー
  • キャリアプラン
  • 関連病院
研究について
研究について

研究について

本教室にある研修室の研究内容や、大学院生の生活をご紹介します。

  • 内分泌代謝内科学
  • 大学院生の1週間
PAGE TOP

本教室では入局者を随時募集しています。見学や入局をご希望の方は下記までお問い合わせください。

  • お気軽にお電話ください
  • メールでのお問い合わせ
  • お気軽にお電話ください
  • メールでのお問い合わせ