内分泌代謝内科学

医学研究へのご協力のお願い

京都府立医科大学付属病院 内分泌・糖尿病・代謝内科で外来診療を受けられた患者さま・ご家族の皆様へ

当院では下記の医学研究を実施しております。そのため、当院で診療を受けられた患者さまの診療録や検査結果を調査させていただきたいと考えています。この研究の対象者に該当する可能性のある方で、診療情報等を研究目的に利用または提供することを希望されない場合は、下記文書内に記載されている担当者までお問い合わせ下さい。

1 糖尿病患者の実態把握のためのコホート調査研究:KAMOGAWA study

2 糖尿病患者における家庭血圧コホート調査研究:KAMOGAWA-HBP study

研究内容

京都府立医科大学内分泌・代謝内科学教室では、糖尿病の発症・病態、糖尿病合併症に関わる基礎医学研究・疫学研究・臨床研究を行っています。なかでも、近年は日本人糖尿病の特徴として、肥満を伴わない2型糖尿病に注目し、その発病・病態解明を目指しています。 また、糖尿病合併症の予防として、より良い医療を提供するため、KAMOGAWA-HBP研究を実施し、家庭血圧を用いた血圧コントロールの重要性を世界に先駆けて発信しています。

基礎医学研究

1 アンドロゲン低下によるサルコペニア発症のメカニズム解析およびサルコペニアと糖代謝の関連に関する研究

アンドロゲン低下は2型糖尿病やメタボリックシンドローム・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)などの糖・脂質代謝異常の発症・進展に関与していることが示されています。我々は精巣摘出マウスを用い、サルコペニア発症の病態解明とサルコペニアと関連した糖・脂質代謝異常発症機序の解明を目指しています。サルコペニア発症の病態解明について、microRNAの重要性に注目し、筋管細胞におけるmicroRNAの役割解明、サルコペニアの病態を反映するバイオマーカーとしての血清circulating microRNAに注目した基礎研究を実施しています。 臨床研究においても糖尿病と合併するサルコペニアの病態解明を実施していますが、糖尿病に合併するサルコペニアでは筋量・筋力の回復が困難である実情が明らかとなり、インスリン標的臓器である骨格筋量の低下は血糖コントロールの困難さと直結する実情が明らかとなってきました。

2 Sphingosine-1-phosphate(S1P)の炎症および骨代謝における役割の解析

2010年に発見された自然リンパ球(Innate Lymphoid cell, ILC)は抗原特異的反応を行わず、多彩なサイトカインの産生を行うリンパ球と同等の機能を持った自然免疫系細胞です。私たちの研究室では糖尿病における慢性炎症ならびに慢性炎症が関連する糖尿病合併症、中でも脂肪肝・動脈硬化における自然リンパ球の役割の解明を目指しています。

3 食事と免疫の関連に関する研究

糖尿病の病態基盤としてインスリン抵抗性があり、慢性炎症がインスリン抵抗性の原因の一つとなることは広く知られています。しかし、食事及び食品成分により免疫動態が変更され、慢性炎症が発症する機構の解明は不十分です。特に現代食により免疫動態がかく乱され、慢性炎症が発症する機構は仮説として提唱されていますが、その機構の解明は十分でありません。私たちはこの機構解明を目指した動物実験・細胞実験を実施しています。

疫学研究

1 KAMOGAWA-DM cohort study

本学を中心とする多施設共同多目的コホート研究として、2014年よりKAMOGAWA-DMコホート研究を実施しています。基本的な糖尿病患者の背景因子についてのレジストリに加え、2018年からは栄養評価(簡易型自記式食事歴法質問票:brief-type self-administered diet history questionnaire, BDHQ)・身体活動量評価(International Physical Activity Questionnaire, IPAQ)、消化管症状の評価(出雲スケール)、脂肪肝評価(腹部超音波検査・シェアウェーブエラストグラフィー)、サルコペニア評価(バイオインピーダンス検査・握力測定)、ロコモティブシンドローム評価、骨粗鬆症評価(骨塩定量・圧迫骨折評価・内分泌評価)を実施しています。

2 KAMOGAWA-HBP study

糖尿病患者における家庭血圧コホート調査研究(京都第一赤十字病院、京都第一二赤十字病院、JR大阪鉄道病院、京都鞍馬口医療センターとの共同研究) 糖尿病専門外来通院中の糖尿病患者に特化して、糖尿病患者の血圧コントロール状況を調査するとともに、集積データと糖尿病合併症の主要指標との関連を検証(断面調査)します。さらに得られた結果の因果関係を前向き/後ろ向き研究で証明、また、介入研究による血圧値等の変化、糖尿病合併症の進展・抑制について検討します。介入研究や家庭血圧の季節変動の検討の際には新しい医療システムであるMedical LINKも活用しています。現在1500症例以上のデータを集積し、国内外に新規的知見を発信しております(国際雑誌:21編、国内雑誌:3編)。

3 NAGALA study

共同研究施設である朝日大学病院では、1994年に設立された総合健診センター(岐阜県岐阜市)において総合健診受診者を対象に脂肪肝・非アルコール性脂肪肝疾患NAFLDの疫学研究を実施しています。このコホート研究は2014年よりNAGALA study(NAfld in Gifu Area, Longitudinal Analysis)と呼称されており、当教室では、朝日大学病院との共同研究により、脂肪肝・非アルコール性脂肪肝疾患NAFLDと糖・脂質代謝異常に関する検討を継続して実施しています。この研究により、日本人では肥満でなくとも脂肪肝を有することが糖尿病発症のリスクとなること、脂肪肝の改善がその発症リスクを低減することを明らかにしました。日本人では脂肪肝が心血管イベントの発症リスクとなっており、驚くべきことに肥満を伴う脂肪肝よりも肥満を伴わない脂肪肝のほうから、心血管イベントがより多く発症していることが明らかとなりました。

4 糖尿病患者における男性ホルモンの代謝や動脈硬化に及ぼす影響

これまでの疫学的調査を活かして当科では2005年より男性糖尿病患者で男性ホルモンが低値の方を対象に男性ホルモン補充療法を施行しております。男性糖尿病患者は特に男性ホルモンが低値の方が多く、男性ホルモンが低値の方に男性ホルモンを補充することで精神・身体・性機能や骨塩量の改善、インスリン抵抗性の改善による血糖コントロールの改善、動脈硬化の進展を抑制できる可能性があります。近年は男性ホルモンの欠乏とサルコペニアおよび脂肪肝炎の病態解明という基礎研究を実践しています。

本教室について
本教室について

本教室について

内分泌・糖尿病・代謝内科学教室で働く教授や講師、医局員たちをご紹介します。

  • ご挨拶
  • スタッフ紹介
入局希望の方へ
入局希望の方へ

入局希望の方へ

専攻医のプログラムや生活の様子、キャリアプランなどをご紹介します。

  • 専攻医プログラム
  • 専攻医インタビュー
  • キャリアプラン
  • 関連病院
研究について
研究について

研究について

本教室にある研修室の研究内容や、大学院生の生活をご紹介します。

  • 内分泌代謝内科学
  • 大学院生の1週間
PAGE TOP

本教室では入局者を随時募集しています。見学や入局をご希望の方は下記までお問い合わせください。

  • お気軽にお電話ください
  • メールでのお問い合わせ
  • お気軽にお電話ください
  • メールでのお問い合わせ